資格取得の長い道のり

公認会計士になる為には、資格を取得する必要があります。資格取得と言っても、超難関とされている為、勉強方法は十分考えて実行しなければいけません。

試験資格を取得するには、まず受験に申込み、第一段階である筆記試験を受験します。これは二段階試験になっていて、マークシート形式の「短答式試験」の後に記述式の「論文式試験」というように、短答式試験に合格いない限り、論文式試験を受験できない仕組みになっています。短答式試験に合格し、論文式試験に不合格だった場合、2年間は有効ですので、短答式試験は次回免除されます。筆記試験が終われば即公認会計士になれる訳ではありません。その後は、2年間以上の業務補助経験、つまり現場経験が必要になります。試験突破後にまた2年と聞くと果てしなく感じますが、その実務経験を積むことによって、知識とスキルを身につけることになります。

実務経験を修了後、ようやく日本公認会計士協会が行っている筆記試験、修了考査を受験することができます。ここで合格を果たせば、晴れて公認会計士として登録することが可能になります。果てしない道のりに終止符がうたれ、ゴールすることになります。実際、数年に渡って勉強は続きます。

Pocket

Comments are closed.