講座現役大学生でも、ダブルスクール等努力して合格する難関試験ですので、社会人の方がチャレンジするには、効率的な勉強方法と、試験攻略の為の対策が必要です。その環境を手に入れる手段として、講座利用がお勧めです。社会人で公認会計士を目指す方が増えた為に、講座を開催している学校も増えてきました。つまり、社会人の方でも、現役生に対抗する為の環境が整いやすくなってきたということですので、この講座を利用しない手はありません。以前であれば、このような試験を目指すには、退職し、学校に通う必要がありましたが、現在では仕事を続けながら目指すことも夢ではなくなりました。

公認会計士の講座とは、試験対策のプロが考案するテキストと、社会人向けに作られた効率的なカリキュラム、インターネット配信や動画を使った説明、DVDテキスト、オンラインでできる質問窓口等、便利なシステムとなっています。興味がある方は、早い目にチェックして、自分に合った講座はどこか、いろいろ調べてみると良いでしょう。沢山の情報がネット上にありますので、資料を取り寄せる、質問メールを送ってみる等してみるとよいでしょう。公認会計士が夢ではなく、現実のものとして計画してみてください。

Pocket

公認会計士になる為には、資格を取得する必要があります。資格取得と言っても、超難関とされている為、勉強方法は十分考えて実行しなければいけません。

試験資格を取得するには、まず受験に申込み、第一段階である筆記試験を受験します。これは二段階試験になっていて、マークシート形式の「短答式試験」の後に記述式の「論文式試験」というように、短答式試験に合格いない限り、論文式試験を受験できない仕組みになっています。短答式試験に合格し、論文式試験に不合格だった場合、2年間は有効ですので、短答式試験は次回免除されます。筆記試験が終われば即公認会計士になれる訳ではありません。その後は、2年間以上の業務補助経験、つまり現場経験が必要になります。試験突破後にまた2年と聞くと果てしなく感じますが、その実務経験を積むことによって、知識とスキルを身につけることになります。

実務経験を修了後、ようやく日本公認会計士協会が行っている筆記試験、修了考査を受験することができます。ここで合格を果たせば、晴れて公認会計士として登録することが可能になります。果てしない道のりに終止符がうたれ、ゴールすることになります。実際、数年に渡って勉強は続きます。

Pocket

何か将来的に役に立つ資格をとりたい、独立できる職を身につけたい、あるいは、キャリアアップを目指したい、子供が大きくなってから社会復帰する為の資格がほしい、そう考えて、働きながら、あるいは家事育児をしながらでも公認会計士を目指すという方が増えています。

公認会計士公認会計士の仕事とは、主に監査をすることであり、公認会計士の独占的業務である為、その活躍の場はどんどん広がりを見せています。監査とは、企業の収入支出を記録している財務書類について、間違いがないか、嘘の記載がないか等を厳重にチェックする機能のことを指しています。このように、公認会計士は独立した第三者的立場から監査を行うことで、企業が決算書に嘘を記載する、いわゆる「粉飾決算」を防ぐことになります。粉飾決算が行われると、株主が企業に関して正当な判断をすることができず、投資をするにあたり混乱やトラブルを引き起こす元となってしまいますので、多くの人々の経済活動において、健全な取引が行われる為に、大変重要な役割を果たしています。

このような重要任務にあたる公認会計士になる為には、司法試験に並んで難しいとされる国家試験に合格する必要があります。最初の筆記試験に合格しても、その後もまだ公認会計士になる為の道のりは続きますので、長いスパンでの計画をしなければいけません。つまり、最初の試験に可能な限り早く合格することが、公認会計士の最短ルートとなりますので、試験や、勉強方法について知っておくようにしましょう。

Pocket